本当にやりたかったことを今すぐはじめよう!

バシャールさんって誰なんですか?

バシャールさんとはエササニ星にいる宇宙存在なんです

ちょっと何言ってるかわかんないです

そうだよねー宇宙人って思ってもらえばいいかな

宇宙存在って聞いて皆さんはどう感じますか?

普通に考えると怪しい、嘘くさいって思うと思います。

スピリチャルって宗教っぽいとか、騙されている気がするとか。当たり前ですが、今まで自分の中にないものと触れ合う時、人は「怪しい」って疑うようにできているのです。

では、なぜこの本に惹かれたのか。それは本田健さんが宇宙の存在であるバシャールと対談するってことが本になっているという事実に興味をもったことと、装丁の色合いがとても可愛いかったからです。

結果からいうと、この本を買って大正解でした。

世の中はコロナの大流行によって、停滞ムードが漂い。停滞どころか日本このままどうなっちゃうんだろうっていうぐらい暗い雰囲気になっています。

子供達は毎日の休みを持て余し、出かけることもできず。

自分はクラス会議セミナーが延期になったり、NEXTeacherをはじめとするイベントも軒並み中止。アメリカ・ミネソタの学校訪問も行けなくなってしまいました。

全てのことに意味があると言いながらも、基本的に家にこもっているのは苦手なため、その時間が長くなればなるだけ、ちょっとずつ元気を吸い取られている気がする毎日です。

この本に書かれていることは極めてシンプルであり、ワクワクにしたがって生きていこう。そうすればシンクロニシティに導かれるように、やりたいこと・お金・パートナーが現れて全てうまくいくということ。

もう1つは5つの原則 存在についての事実

①あんたは存在しています。それは不変で変えることができません。

②すべてが今、この場にあるということ。それを変えることはできません。事実です。

③すべてが1つで、1つがすべてです。

④出したものが返ってくるということ。

⑤これらの法則以外すべて変わるということ。

本当にやりたかったことを、今すぐはじめよう! 本田健✖️バシャール

この2つについて繰り返し、色々なシチュエーションを想定して書かれている。

例えば、職場にどうしても嫌な人がいる場合。

それを選んでいるのは自分であり、職場を変えることができないと信じているのは自分であること。

反対に「人はいつも自分に親切にしてくれる」と信じている人は、どこに言っても親切な人ばかりに出会うし、そういう出来事が起こる。

この話は、4月から現場に立つ先生たちに知っておいて欲しい。

大変なことが待っていると信じていればきっちり大変なことが起こるようになっているし、幸せな教員人生が待っていると信じていればきっちりその通りになるのである。

鏡に向かって、100%の笑顔で微笑めば、100%の笑顔が返ってくるし

70%で微笑めば、70%が返ってくる。ただそれだけのことである。

要は自分がこの世界が幸せであると信じるか、不幸な出来事ばかりが起こると信じるかどちらか自由に選べるとまで言っている。

パラレルワールド(平行宇宙)と聞いてピンとくる人にわかるかもしれないが、この世界がどういう世界であるかを選択できるということである。

「あなたがやりたいことを自由にやっている世界」と「あなたが今までやっていた退屈な仕事を続ける世界」は同時に存在している。

そしてどちらの世界にいくのかは、どこでもドアがあるのではなく「今の世界が、もうその世界だと心から思えた瞬間に、変わる」by本田健

久々に心震える本と出会ってしまった。

ぜひのんびりとした気持ちの今、この本を読んで見て欲しいと心からオススメします。