1分で子どもが落ち着く方法

考え方

マインドフルネスを知っていますか?

日本語で言うと瞑想です。

心を落ち着ける簡単な手段で、GoogleやAppleでも用いられています。会社の中に瞑想専用のスペースがあるそうです。

うちのクラスでは毎日2分。朝の会で取り組んでいます。

方法は簡単で

①背骨を伸ばす

②両足の裏を床にしっかりつける

③呼吸に集中する

④鼻から吸って、口から吐く

⑤頭を空っぽにする

これを毎日繰り返します。

もちろん最初から全ての子ができる訳ではありません。

けれども毎日続けていくことで、確実に成果は出てきます。

大きな声で騒いでいた子も2分間は落ち着いて過ごせるようになってきました。

もう少し詳しい話をすると

人は一日に5万回思考します。(いろんな説はありますが)

風が気持ちいい、眠たいなといった無意識に考えることも含めてです。

それを瞑想をすることで、約1割減らすことができるそうです。

そうすることで脳みその空き容量を増やすことができます。

データがパンパンに入っている、パソコンやスマホの動きが遅くなるように脳みそも容量が不足すると働きが悪くなります。

自分自身も瞑想に取り組むようになって2年近く経ちますが、閃きが生まれやすくなるなあと感じています。

仕事が立て込んでいて、いっぱいいっぱいになっている時、トイレに入って1分やるだけでその後リフレッシュした感がものすごいです。

まずは子どもと一緒に毎日1分取り組んでみてください。